足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

あと二日、お見逃しないよう!

名古屋サカツコレクションよりお借りして展示した日本のポスター展
会期はあと2日です。
ぜひお見逃しないよう、ご来場お待ちしております。
DSC00157.jpg
  1. 2012/08/31(金) 17:08:31|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白い百日紅

毎日暑い日が続きます。
厚さを写真にするのは実に難しいものですが、ギラギラした太陽が暑そうでしょう。
美術館前の白い百日紅がかれんな花をつけています。
百日間花が見られるから百日紅と書いてサルスベリ。
先人の知恵に感動します。
DSCN1783.jpg
  1. 2012/08/25(土) 13:11:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏休み

小中学校の夏休みもあと一週間となりました。
美術館では、宿題をかかえた中学生が連日見学に来ています。
展示作品が、少しでもみんなの心に残るように・・・
願っています。
DSCN1777.jpg
  1. 2012/08/25(土) 13:05:37|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワークショップ「アクションドローイング」が開催されました

 8月11日(土)、画家の中津川浩章さんによるワークショップ「アクション・ドローイング 〜線を描いて心をひらく」が開催されました。10メートルほどの大きなロール画用紙2枚を床に広げて、楽器よる演奏をからだで感じて聴くことも織り交ぜて、クレヨンの線による絵を他の参加者と共同で大画面いっぱいに描くというもので、親子合わせて27名が参加しました。美術館に学芸員実習に来ていた4名の女子学生をアシスタントにして、中津川さんがさまざまな線の描き方を提案しながら縦横矛盾に動き回り、それにつられて子どもたちも、線を描くことに熱中していきます。最後には、大きな紙の白い部分がほとんど残らないほどに、色とりどりのクレヨンの線で埋め尽くされました。

ws20811-1

最初は白い紙も


ws20811-4

だんだんと線で埋まっていきます


ws20811-5

途中で鉄琴、トライアングル、タンバリン、スネアードラムの演奏に合わせて線を描きます


ws20811-6


ws20811-7

後半になると紙の白い部分がほとんど見えなくなってきました


ws20811-8


ws20811-9

完成したところをアップでご覧ください


ws20811-10

最後はそれぞれ好きな部分をはさみで切って持ち帰りました




  1. 2012/08/12(日) 13:17:46|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「日本のポスター芸術」講演会が行われました。

8月5日、「サカツコレクション公開 日本のポスター芸術ー明治・大正・昭和の女たちー」展を記念した講演会が行われました。
青梅市立美術館学芸員の田島奈都子さんにより、日本のポスターの歴史や本展覧会のみどころなどについて詳しくお話をいただきました。あっという間の90分でした。
DSC09332.jpg

DSC09336.jpg
  1. 2012/08/09(木) 09:48:36|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日4日は足利花火大会のため無料!

あす8月4日(土)は足利花火大会があるため、すべての人が入場無料です。
入館は午後5時30分まで
花火見物の前にぜひ足利市立美術館へお立ち寄りください。
  1. 2012/08/03(金) 13:27:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0