足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏休み

夏休みに入りました。
美術館には、多くの中学生が訪れています。
暑い夏、健康に留意して元気にすごしてね。
DSC03631.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/07/26(金) 16:20:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワークショップ「羊毛でつくる色のポケット」が行われました

 7月20日(日)、足利在住で主にフェルトを使って作品を制作している美術家・小沢智恵子さんによるワークショップ「羊毛でつくる色のポケット」が、足利市立美術館多目的ホールにて開催されました。まず、ひとまとめに用意された10色ほどの羊毛素材から、それぞれが好きな色を数色選んで、一人28グラム分を電子天秤で重さを量りながら取って席に戻ります。さらに、10cm四方に切ったプラダンボードの型紙に羊毛を巻き付け、そこに各テーブルにセットされた石鹸水をかけながら、両手でやさしくもみほぐすことを繰り返します。水分を含んで羊毛が固まり始めると、一部をハサミで切って型紙を抜き、かたちを整えながらだんだんと力を強めます。それを繰り返すと、ふわふわだった羊毛のかたまりは、さまざまな色が混ざり合った袋状のフェルトに姿を変えていきます。最後に完成品をテーブルに並べての講評。それぞれ自分の作品のかわいく美しい出来映えに見入っていました。

30720-1
まずは講師によるつくり方の説明から

30720-2
羊毛をそれぞれ取り分けます

30720-3
石鹸水をかけながら羊毛を両手でやさしくもみほぐします

30720-4
さらにひたすらもみほぐします

30720-5
固まってかたちができてきました

30720-6
途中ハサミで切って中の型紙を取り除きまさらにもみほぐします

完成した作品の一部です
30720-7

30720-8

  1. 2013/07/21(日) 11:49:56|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開催記念対談 新井淳一×黒田亮子「まだ見ぬ布」が行われました

7月14日(日)、開催記念対談 新井淳一×黒田亮子「まだ見ぬ布」が行われました。
80名を超える参加者の前で、お二人の楽しいトークを聴くことができました。

DSC03515.jpg

DSC03518.jpg

中は飛び入りで新井先生が制作された昔の布をお持ちの方も。
DSC03524.jpg

新しい布創りに邁進していた新井先生のお話を楽しく聴くことができました。

  1. 2013/07/14(日) 16:35:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真講座の第一回が行われました

 7月13日(土)、学芸員による写真講座の第一回が行われました。午前中は美術館の多目的ホールでレクチャー形式の講座。写真やカメラの歴史と、カメラの原理・構造や基本的な知識をヴィデオプロジェクターを使って説明した後、実物のカメラをモデルにして撮影用ライトを当て、特にホワイトバランスの設定に注意しながら参加者が実際に撮影しました。午後からは美術館の外に出ての撮影実習。今回のテーマは、ばんな寺の本堂がどこかに入るアングルを探して撮影するというもので、参加者それぞれが工夫を凝らし、特に午前中に説明があったホワイトバランスに注意しながら40分ほどの撮影を行いました。さらに美術館に戻って、それぞれが撮った写真をヴィデオプロジェクターで順に投影しながらの講評が2時間ほど行われました。それぞれ各一枚講師が選んだこの日のベストショットを、持ち帰りができるようにその場でプリンターで出力して並べると、予想以上の写真の美しさに一瞬歓声が沸きました。

30715-13

ばんな寺で撮影中の参加者

以下、参加が撮影した画像を一人一枚お見せします

30715-2

30715-14

30715-8

30715-9

30715-10

30715-11

30715-12


30715-7


30715-4

30715-5

30715-6


  1. 2013/07/13(土) 17:09:16|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワークショップ「水粘土でつくる不思議な石膏オブジェ」が開催されました

 7月7日(日)、足利在住の彫刻家・牧田草平さんによるワークショップ「水粘土でつくる不思議な石膏オブジェ」が開催されました。まず、参加者に水粘土を配給。板の上に乗せた粘土を、全身の力をつかって手でこねます。さらに、石膏を流し込む「型」を自由な発想でつくっていきます。型の底の部分にさまざまな形のものを押し当てる作業も加えて、ここからどんなものが出来上がるのか想像しながら、静かに作業は進みます。次に、一人あたり300グラムの石膏の白い粉と、ほぼ同量の水を混ぜる作業に入ります。水の入ったカップにスプーンを使って少しずつ石膏の粉を注ぎ、全て投入した後やや時間をおいて、スプーンでかき混ぜると、徐々に石膏が固まっていき、オブジェづくりへの期待感が自然と高まっていきます。そして型に石膏を投入し、待つこと20〜30分。まずは側面から粘土を剥がし、最後に底の粘土もはぎ取ると、最初は完成した姿を想像できなかった「石膏オブジェ」が姿を見せます。バケツにくんだ水場で歯ブラシを使って汚れを取り除くと、石膏本来の白さが現れて完成。石膏取りという初めての体験をの末に出来たオブジェを持ち帰りました。

30307-1
まずは型つくりの説明

30307-2
ひたすた水粘土をこねる

30307-3
おもいおもいに型を成形

30307-4
使用前の石膏

30307-5
いよいよ石膏を型に流し込む

30307-6

30307-7
石膏が固まったら粘土を側面からはがす

30307-8
歯ブラシで汚れを落とすと白い石膏が現れる

30307-9

以下、参加者の作品です
30307-10

30307-11

30307-12


  1. 2013/07/07(日) 17:08:26|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「新井淳一の布ー伝統と創生」の内覧会が行われました。

 7月6日(土)〜 9月2日(日)に行われる企画展「新井淳一の布ー伝統と創生」の開幕に先がけて、内覧会が行われました。100名近い招待客を迎えての開会式で、新井淳一さんがご挨拶をされました。

0705-2

開会式で挨拶をされる新井淳一さん

0705-1

内覧会での招待客の方々

0705-3

内覧会での展示室1

0705-4

内覧会での展示室2

0705-5

内覧会での展示室3に立つ新井淳一さん
  1. 2013/07/05(金) 19:45:22|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。