足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

ワークショップ「太古の響き」が開催されました

 8月31日(土)、篠崎孝司さんによるワークショップ「太古の響き」が開催されました。篠崎さんは陶による様々なオリジナル和楽器を製作、演奏されています。これらの楽器を美術館に持ちこんでいただき、参加者が合奏を行うというワークショップです。
 最初に古代ギリシャの音楽をテープで聴き、篠崎さんから日本古来の音楽との関わりが語られました。会場に設置した様々な楽器についての説明に続いて、いよいよ、参加者が一人ずつ順番に、各楽器を篠崎さんの指導で試演します。
 各楽器の特徴と奏法を知った後、それぞれ受け持つ楽器を決めて緊張の中で一回目に合奏を行いました。さらにそれぞれ楽器を変えて2回目、3回目の合奏を行い、2時間という時間があっという間に過ぎていきました。


30831-1

30831-2

30831-3

篠崎さんが製作した様々な楽器


30831-4

30831-5

篠崎さんの説明の後、参加者が全部の楽器を順番に試演します


30831-6

30831-7

それぞれ楽器を決めていよいよ合奏。さらに楽器を持ち替えて2回目、3回目の合奏を行いました。

  1. 2013/08/31(土) 19:24:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

参加者募集中!「太古の響き}

足利市立美術館、本夏最後のワークショップが参加者募集中です。
題名は、篠崎孝司ワークショップ「太古の響き」
内容は、陶芸作家の篠崎孝司さんが制作したオリジナル和楽器を使用して合奏を楽しむものです。
日時は、来る8月31日(土)午後2時から
場所は、足利市立美術館多目的ホール
参加費は、300円です。
申し込みご希望の方は、今すぐ足利市立美術館(0284-43-3131)まで。

shinozaki-ws.jpg
  1. 2013/08/20(火) 14:36:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

18日は家庭の日!

今度の日曜日、18日は家庭の日。
子供連れのご家族の方は無料となります。
夏休みもあとわずか。
宿題にもぜひご利用ください。
DSC03631.jpg
  1. 2013/08/15(木) 18:13:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワークショップ「お気に入りのための家づくり」が開催されました

 8月10日(土)、足利市出身の建築家・柿澤高子さんによるワークショップ「お気に入りのための家づくり」が開催されました。
 まず、実際の家をつくる際に、設計図からどのように家が建っていくかということについて、柿澤さんが今までに手がけた家の図面と完成写真、建築模型などをもとに説明をします。さらに、自分が好きな空間づくりのために、屋上にも屋外の部屋をつくった人の話が出ました。
 今日のテーマは「お気に入りのための家づくり」。ウサギのマスコット、怪獣の人形、ミニチュア家具など、それぞれが今日つくる家に入れるためのお気に入りを持ってきています。制作は、お気に入りが入るための家のイメージスケッチを画用紙に描くことから始まり、段ボールに貼った方眼画用紙に家の床部分の平面図を鉛筆と定規で描くことに進んでいきます。さらに、イメージスケッチをもとに、段ボール板とカッター、木工ボンドを使って、壁や屋根がつくられていきます。
 家のかたち、内装は、本当の家を思わせるものから、空想の中でこそできるアイデアにあふれたものまでとてもバラエティーに富んでいて、2時間があっというまに経っていきます。最後に、会場に設営した街、森、水辺のエリアの好きな場所にそれぞれの家を置いて、小さな一つの国が出来上がったところで講評。一人一人完成した家について一言ずつ話してもらいました。

30810-1
まずは説明

30810-2
イメージスケッチ中

30810-3
方眼紙に平面図を描きます

30810-4
家が出来ていきます

30810-5
出来た家を配置していきます

30810-6


30810-7
一人一人講評していきます

それぞれ完成した家の一部を紹介します
30810-8

30810-9

30810-10

30810-11

30810-12

30810-13

30810-14

30810-15

30810-16

30810-17


  1. 2013/08/11(日) 10:48:05|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワークショップ「布で渦をまく」が行われました

 8月4日(日)、「新井淳一の布 ―伝統と創生」の関連企画として、ワークショップ「布で渦をまく」が、元吉千津子さんを講師に迎え、新井淳一さんもそばで見守る中で開催されました。
 多目的ホールで、作業の方法や新井さんがつくられた素材となる布についての説明を受けた後、美術館前の広場に集まって作業が始まりました。まずは、藍色に染めた数十センチ幅の布地を縒って5~
6cmの太い縄状にしたものを、上から体重をかけて円を描くようにきつく締めながら、ひたすら渦を巻いていきます。ある程度渦が大きくなったところで布を別の種類に変えてつなぐと、渦に文様が生まれます。さまざまな色、素材の布を使うことで、渦は広がりを増しながら徐々に多彩な様相を帯び、30名近い参加者の方たちの共同作業によって、布地から生まれた一つの作品に姿を変えていきました。この作品は展覧会会期中美術館正面玄関前に設置され、最終日である9月1日(日)の午後3時より解体するイヴェントが行われる予定です。

30804-1
素材となる布地

30804-2
渦の巻きはじめの部分

30804-3
藍色の渦ができてきました

30804-4
さまざまな色が加わります

30804-5
ここまで渦が広がりました

30804-5
元の布地を伸ばしたところ

30804-7
かなり大きな渦になり完成も間近

30804-8
いよいよ完成です

  1. 2013/08/04(日) 18:07:09|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月3日(土)は観覧無料!

来る8月3日(土)は、足利花火大会のため、一日観覧無料です。
花火大会会場まで徒歩5分。
入館は午後5時30分まで、6時まで開館しています。
花火大会の前にぜひお立ち寄りください。
「新井淳一」のめくるめく布の世界が待ってます。

DSC03664.jpg

DSC03660.jpg

  1. 2013/08/01(木) 16:17:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0