足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

観覧者1万人を突破!石田徹也展

石田徹也展 最終日
1万人目のお客様を迎えました。
伊勢崎市から来た田島滉大君です。
DSCN0206.jpg
館長より賞状と記念品(図録)が授与されました。
DSCN0208.jpg
足利市立美術館の企画展で入場者1万人を超えたのは平成13年度の
相田みつを展以来、12年ぶり、6回目の快挙です。

スポンサーサイト
  1. 2013/10/27(日) 15:03:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中島太郎 特別講座「樺崎八幡宮 神秘性の根源を探る」
が開催されました

 10月20日(日)、中島太郎 特別講座「樺崎八幡宮 神秘性の根源を探る」が
、足利市内樺崎町の史蹟・樺崎八幡宮境内で開催されました。雨が時おり激しく降る一日でしたが、ちょうど秋の大祭が行われている樺崎八幡宮境に6名の方が集合。まずは中島さんが今日の配付資料に沿って、樺崎八幡宮の歴史や謎とされていることについて、かつてこの地を治めた足利源氏との関わりを中心にレクチャーを行いました。その後、普段は中に入ることができない本堂へ。さらに境内の足利氏住居跡や浄土庭園跡などをめぐりました。

31020-4

まずは樺崎八幡宮についてのレクチャー


31020-5

五輪塔跡での説明


31020-6

浄土庭園跡にて
  1. 2013/10/20(日) 17:43:12|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あと一週間です! 石田徹也展

好評をいただいている「石田徹也展」あと一週間となりました。
ぜひ、本物の訴える力を、ご覧ください。
ishida-2.jpg
  1. 2013/10/18(金) 13:56:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「アートリンク in あしかが2013」続行中です

 足利市内13ヶ所の美術館、画廊が参加するアート・イヴェント「アートリンク in あしかが 2013」が行われています。10月12日には、足利乾ギャラリーで「相田朋子 陶展」が開幕しました。また、M画廊では現代絵画の常設展を開催中です。

31014-3

31014-4

足利乾ギャラリー「相田朋子 陶展」(10月12日〜20日)


31020-1

M画廊で展示中の中村一美作品(奥の2点)、和田賢一作品中間の一点、豊嶋康子作品(手前)


31020-2

M画廊、豊嶋康子作品のコーナー


31020-3

M画廊、西本剛巳作品


「アートリンク in あしかが2013」の詳細は以下をご覧ください。
http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/artlinkashikaga2013.html



  1. 2013/10/14(月) 15:31:46|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2回写真講座が開催されました

 10月12日(土)、足利市立美術館写真講座の第2回が開催されました。午前中は館内で写真の基礎についての講座を資料を交えて行い、午後は屋外での撮影。美術館からJR両毛線足利駅に向かう線路際の裏町から、渡良瀬川の河川敷に抜けて美術館まで戻るコースを1時間ちょっとかけて各々が撮影しました。
 撮影後は館内に戻り、撮ってきた写真を順にビデオ・プロジェクターで投影しての講評会を行い、そこで選ばれたそれぞれのベストショットをプリントしました。

31014-1

午後の撮影会(田中橋)


31014-2

それぞれのベストショット


  1. 2013/10/12(土) 19:18:03|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

始まりました。川島直人展・後期

川島直人君の作品展・後期が始まりました。
今度は、美しい花がテーマです。
色調、構図、繊細さすべてにグッドです。
RIMG0180.jpg
RIMG0182.jpg

  1. 2013/10/11(金) 13:58:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石田徹也さんへ

石田徹也さんへの感想。
続々と増えています。
RIMG0184.jpg
  1. 2013/10/11(金) 13:55:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牧田草平ワークショップ「水粘土の型でつくる石膏像」が開催されました

 11月6日(日)、牧田草平ワークショップ「水粘土の型でつくる石膏像」が開催されました。このワークショップは、7月7日に行われた「水粘土の型でつくる不思議な石膏オブジェ」の上級編です。前回は石膏のレルーフづくりが中心でしたが、今回は二つの型を合わせて立像をつくるという少し本格的な講座です。
 まず、講師の牧田さんが実際に試作を作りながら工程の説明をします。工程の最初は、つくろうとするかたちを白紙に描いて切り抜き、型紙をつくる作業から。次に、型紙をそれぞれ二つの直方体の水粘板に当てて、表面に輪郭線を彫り込みます。さらに、その線の内側の粘土をそれぞれ針金やへらを使って彫ります。石膏を外側から流し込むための穴をつくった上でこれらをぴったりと合わせて、型の完成です。
 次に、用意された一人500cc弱の石膏に、250ccほどの水をゆっくりと注ぎ、ほどなくスプーンでゆっくりをかき混ぜます。石膏がやや固まり始めたところで、注ぎ口に用意された漏斗をあてて、石膏を注ぎます。20〜30分ほどで石膏が完全に固まったら、周りの水粘土をはぎ取って、石膏像を取り出します。粘土を全て取り除き、バケツに汲んだ水に石膏像を浸して汚れを歯ブラシで取ったら完成です。
 石膏像を型から取り出すときは感動的で、ところどころで歓声が上がりました。最後に参加者10名全員の完成した石膏像を並べて鑑賞しました。

31006-1

まず講師が試作をしながら工程を説明


31006-2
 
紙につくりたいもの描いて型紙をつくります


31006-3

水粘土板に型紙を使って輪郭を描き、その内側を彫って左右対称の型をつくり、二つを合わせて型が完成します


31006-4

石膏にゆっくり水を注いでやや固くなるまでスプーンでゆっくりとかき混ぜます


31006-5

型につくった石膏の注ぎ口から石膏を流し込みます


以下、出来上がった作品の一部です

31006-6

31006-7

31006-8

 
  1. 2013/10/06(日) 19:28:58|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「アートリンク in あしかが2013」が開幕しました

 10月1日、当館を含めて足利市内13ヶ所の美術館、画廊が参加するアート・イヴェント「アートリンク in あしかが2013」が開幕しました。12月23日まで開催されるこのイヴェント、参加施設等で配布されるマップを手にスタンプラリーを行うこともできます。

31004-4

31004-5

配布中のマップ

 10月3日から始まった2つの展覧会を見てきました。

31004-1

31004-2

ギャラリーもみの木「川崎忠夫 作陶展」10月3日(木)〜11日(金)


31004-3
 
ギャラリー碧「足利出身3人展〈菊地武彦・牧田草平・丸山浩司〉」10月3日(木)〜15日(火)*水曜休





  1. 2013/10/04(金) 17:53:35|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国宝 宋刊本 文選 特別展示! 始まりました。

本日より、国宝 宋刊本 文選 特別展示! 始まりました。
すでに多くの人が訪れています。
DSC04287.jpg
10月6日まで。
10月6日は午後6時30分まで見られます。
  1. 2013/10/01(火) 11:29:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。