足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

「アートリンク in あしかが2013」終了まであと2週間です

 足利市内の美術館と画廊13ヶ所をめぐる「アートリンク in あしかが2013」が続行中。終了まであと2週間となりました。各画廊、美術館での展示をご紹介します。

31207-1

31207-2

華雨蔵珍之館「孔子に関する拓本展」


31207-3

31207-4

栗田美術館「伊万里焼のかたちーうつわの手・足・耳・口ー」(9/14〜2/23)


31207-5

31207-6

龍泉寺美術館「珠玉の逸品展」(10/1〜12/22)


31207-7

31207-8

ギャラリーもみの木「こころのぬりえ展」(11/19〜30)


31207-9

31207-10

草雲美術館「草雲とその弟子たちの名画」(11/9〜12/23)


31207-11

足利商工会議所 ギャラリーカッサ「川島理一郞特別展」(12/2〜13)


31207-12

31207-13

足利乾ギャラリー「筒井童太展」(11/30〜12/8)


31207-14

31207-15

ギャラリー碧「アートマーケット」(12/5〜15)


31207-16

31207-17

ギャリーもみの木「吉田徹 漆の器展」(12/5〜15)


31208-1

31208-2

31208-3

長谷川沼田居美術館「長谷川沼田居 常設展」



「アートリンク in あしかが2013」の詳細は以下をご覧ください。
http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/artlinkashikaga2013.html


  1. 2013/12/07(土) 12:36:48|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アトリエmadoによる観覧会が行われました

 12月6日(金)、足利市内の子どものための造形教室・アトリエmadoによる、「詩人と美術 瀧口修造のシュルレアリスム展」の観覧会が行われ、学芸員が展示解説をしました。

31206-1

ダリの作品の前で


31206-2

背景はエルンストの作品


31206-3

福沢一郎「花」の前で


31206-4

飯田善國と西脇順三郎による「クロマトポイエマ」の前で


31206-5

中西夏之「コンパクトオブジェの前で



  1. 2013/12/07(土) 11:46:44|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉増剛造さんによる講演会が開催されました

 12月1日(日)、「詩人と美術 瀧口修造のシュルレアリスム展」の関連事業として、吉増剛造さんによる講演会「旅視する眼差し」が、100名近くの参加者を集めて開催されました。
 まず最初に、担当学芸員が「詩人と美術 瀧口修造のシュルレアリスム展」の企画の経緯と展示の概要をプロジェクターを使って説明。さらに、講演会のテーマの一つとして、瀧口修造が1958年にヨーロッパで撮影した写真約60枚を、旅の順を追いながらプロジェクターで流しながら、吉増さんと対話をしました。
 この講演会のもう一つのテーマは、 瀧口修造が1966年に著した「余白に書く」で、吉増さんは「余白に書く」発刊当時の思い出から、本に収録された文章の解釈まで、時には壇上から立ち上がって大きな身振りを交えながら講演は進みます。最後の30分は会場から5名ほどの方の発言が行われ、熱気あふれる2時間の講演が幕を閉じました。

31201-1

31201-2

31201-4

31201-5
  1. 2013/12/02(月) 13:34:13|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0