足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

アトリエmadoによる鑑賞会が開催されました

 7月29日(火)、足利市内の造形教室・アトリエmadoの主催による「パブロ・ピカソ ー版画の線とフォルムー」展の鑑賞会が開催され、担当学芸員による展示解説が行われました。アトリエmadoの鑑賞会は、毎年、主な企画展ごとに行われてきましたが、今回は、子どもと大人合わせて50名近くが参加し、これまででも最も盛況な会になりました。
 まずロビーにて担当学芸員が、ピカソやその作品について今回のために作成したスライドを使って、実際に作品を見る前にある程度ピカソについての学習をすることから、鑑賞会が始まりました。スライドは、出品作品を含めて豊富な画像やクイズなども交えて、低学年でも理解できるように進んでいきます。
 そしていよいよ、展示室に場所を移して、実際の作品観賞が始まりました。スライドに出ていた作品を探して解説を思い出したり、並んでいる作品から自分だけの見方を見つけ出したり、子どもも大人もそれぞれのペースで真剣に、そして楽しみながら1時間ほどの充実した時間を親子で過ごしました。

40731-5

40731-4

まずはロビーにて、スライドを使ってピカソの人と作品についての解説が行われました


40731-6

40731-7

40731-8

展示室に場所を移して、それぞれペースで実際の作品観賞が行われました


  1. 2014/07/31(木) 12:04:38|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

担当学芸員によるギャラリートークが行われました

 7月27日(日)、企画展「パブロ・ピカソ ー版画の線とフォルムー」に関連して、担当学芸員によるギャラリートークが、20名ほどの参加によって行われました。
 1時間ほどをかけて3つの展示室を順にめぐりながら、それぞれの作品の成り立ちやエピソードが語られると、解説にうなずいたり、説明された作品を参加者が間近に寄ってあらためて見つめる場面もたびたびありました。

40731-1

展示室2での解説


40731-2

解説された作品をあらためて見つめる参加者の方々


40731-3

展示室3での解説

  1. 2014/07/28(月) 11:31:01|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牧田草平ワークショップが開催されました

 7月13日(日)、牧田草平さんによるワークショップ「工作用グルーガンで彫刻をつくろう」が、16名の参加者を集めて開催されました。
 今回のワークショップは、木材などを瞬時に接着できる道具の工作用グルーガンを使って、木彫家である牧田さんが彫刻を制作する過程で削り落とされた木の端材を中心に、抽象的なかたちの彫刻をつくるというものです。まず最初に牧田さんより、抽象的なかたちの彫刻とはどういったものなのかという説明が、ブランクーシや岡本太郎の作品や、縄文土器などの写真を使って説明がありました。

40713-1

牧田さんによる抽象的な彫刻の説明


 いよいよ制作です。床に山盛りに置かれた牧田さんの彫刻端材の中から、それぞれ気に入ったかたちのものを、素材として探し出します。また、作品の台座と支柱になる木材を、用意したホームセンターの端材の中から選んで、台座には支柱を差し込むための穴をドリルで開けます。

40713-3

牧田さんの彫刻端材から素材を探し出します


40713-2

台座と支柱を用意します


 それぞれの手元に材料が揃ったら、電気で先を熱したグルーガンを使って、イマジネーションのおもむくままに、木材や持ち寄ったさまざまな素材をひたすら接着していきます。

40713-4

子どもも大人もひたすら真剣に制作中


40713-5

40713-6

オリジナリティーにあふれたかたちが出来上がっていきます


 1時間弱の制作で作品が完成。それぞれ作品のタイトルも付けました。最後は用意した彫刻用の台座に乗せて、牧田さんが一人ずつに話しかけながら一点ずつにコメントをしていきました。

40713-7

牧田さんによる講評の様子


以下、完成した全作品です

40713-8

40713-9

40713-10

40713-11

40713-12

40713-13

40713-14

40713-15

40713-16

40713-17

40713-18

40713-19

40713-20

40713-21

40713-22




  1. 2014/07/14(月) 14:57:03|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

写真撮影講座「栃木の水辺を歩く」が開催されました

 7月12日(土)、今年度第1回目の写真撮影講座「栃木の水辺を歩く」が開催されました。昨年までは足利市内を中心に行われていた写真撮影講座ですが、今年は趣向を変えて、足利近隣の街並みにも出向いて撮影が行われます。栃木は足利から20分ほどの古い街ですが、街のさまざな場所に川が流れ、古い蔵も多数保存されており、足利とはまた異なる趣を感じ取ることができます。
 まずは昼過ぎにJR栃木駅前に集合。駅からしばし歩いた古い教会を経て川沿いを歩き、明治〜大正期の建物と街並みが保存された地域を経て、やはり古い建物が残る寺町へ。2時間以上にわたる撮影会は、夕方の斜光に街が包まれ始めたころに終了しました。
 2週間後の7月26日には美術館で講評会が行われます。その後、それぞれの参加者のベストショットをお見せします。
 
40712-1

40712-2
 
撮影中の様子


以下は講師が撮影した写真(こんな場所を歩きました)

40712-3

40712-4

40712-5

40712-6

40712-7

40712-8

40712-9

  1. 2014/07/13(日) 15:13:01|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0