足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

「こどものためのワークショップーピカソへの贈り物ー」が開催されました

 8月23日(土)、開催中の「パブロ・ピカソ ―版画の線とフォルム―」の関連イベントとして、担当学芸員による「こどものためのワークショップーピカソへの贈り物ー」が開催されました。
 まず最初に、ピカソがどんな人か、どんな作品をつくったかということにについての説明が、プロジェクターを使って行われました。みなテーブルを離れて画像が投影される壁の近くに座り、学芸員からのさまざまな質問に答えながら、集中して画像を目で追っていきます。ピカソのポートレートから始まり、ピカソが子どもの時に描いた絵、代表作にかくされた秘密、人生の最後に描いた絵などが次々と映され、40分近い時間があっという間に過ぎていきました。
 後半では、「ピカソへの絵のプレゼント」というテーマで、持ち寄った画材を使って、紙や大きなポスターの裏に、自由に絵を描いたり、コラージュをしながら作品制作を行いました。途中で展示会場に行って直にピカソの作品を見て参考にすることも可能で、何人かの参加者は実際に見たピカソの作品の印象を制作に取り入れていました。
 最初は白い紙を前にして思い悩んでいた子どもたちも、少し時間が経ち、集中力が増してくるにしたがって画面に描き始め、制作時間の後半では、全面埋めた画面にさらに手を加えていくなど、次々とオリジナリティにあふれる作品が完成していきました。最後には、作品に付けた題名と共に、出来上がった作品を一人ずつ公開してもらいました。

40823-1

最初は、みな床に座って、ピカソの人や作品の説明の画像を見ました。まずは、ピカソがどんな人だったという説明から。


40823-2

代表作「ゲルニカ」の説明では、そこにかくされた秘密に迫りました。みな興味津々です。




40823-3

ピカソが生涯で最後に描いた作品。最晩年に子どもが描く絵のようになっていったという説明に、みな納得したように聴き入っていました。


40823-4

ピカソが生涯描いたさまざまなな絵を最後にまとめて見ました。ここからいよいよ制作の始まりです。


40823-5

40823-6

40823-7

最初は白い紙を前にして思い悩んでいた子どもたちも、集中力が高まってくると、どんどん画面を埋めていきます。


40823-8

40823-9

最後に、題名と共に作品の発表。みなそれぞれ、個性的な作品が出来上がりました。



  1. 2014/08/24(日) 18:46:43|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

青木世一さんのワークショップが行われました

 8月2日(土)、開催中の「パブロ・ピカソ ー版画の線とフォルムー」展にちなんで、栃木県在住の美術家・青木世一さんによるワークショップ「親子でつくろう! キュビスム絵画」が行われました。大人と子ども合わせて18数族、43名が参加し、さらに、学芸員資格を取るために美術館に実習に来ていた7名の大学生をアシスタントに加えて、実に賑やかなワークショップになりました。
 はじめに青木さんがスライドで、ピカソの絵やキュビスムについての説明を、視点が一つではなくて複数あること、従来にはない全く新しい絵であることを中心に、ビンやコップ、ボールなどの実物も使って説明されました。

40802-1


 いよいよ制作です。まず、用意されたA4〜B4の段ボール板から、定規をあてたカッターで、絵の枠にあたる部分を切り出します。

40802-2

40802-3


 大人と子どもで対面して、顔の輪郭を正面と横からそれぞれ鉛筆で段ボール板に描き、カッターで切り抜きます。

40802-4

40802-6


 台紙、顔の輪郭、枠を、クレパスやマーカー、アクリル絵具で彩色します。

40802-5

40802-19


 それぞれをボンドで貼り合わせます。

40802-8

40802-7


 さらに、目や口、鼻、耳、髪の毛のなどの顔のパーツを、同じく段ボール板から切り出して彩色し、思い思いの場所に貼ってたり、絵具で直に描いたりして作品が完成です。
 参加者は小学校低学年の児童が中心で、カッターなど画材の扱いや、テーマであるピカソのキュビスムへの理解の点で、開催前には多少の不安もありましたが、大人と子どもが一緒になって楽しく、真剣に取り組む時間の中で、どの家族の中にも個性的な作品が生まれ、多くの参加者が満足して帰られました。

 以下、完成した作品の一部をご覧ください。

40802-10

40802-9

40802-11

40802-12

40802-13

40802-14

40802-15

40802-16

40802-17

40802-18
















  1. 2014/08/03(日) 14:33:27|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1