足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「風景のかたち −前田真三と現代日本の風景写真」でギャラリートークが行われました

 10月8日(土)、「風景のかたち −前田真三と現代日本の風景写真」の最後のイベントとして、担当学芸員によるでギャラリートークが行われました。
 解説は、特別展示室の前田真三さんによるアマチュア時代のモノクロ写真から、展示室1の代表作品である美瑛の丘の景観へ、さらに展示室2の奥三河など里山の風景から、水や樹木を撮った作品へと続き、後半は、9名の現代写真家の作品を順にめぐっていきました。

61008-1



61008-2



61008-3


スポンサーサイト
  1. 2016/10/08(土) 18:13:56|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小林のりおさんによるワークショップが行われました

 10月2日(日)、出品作家の小林のりおさんによるワークショップ「Selfy 自撮りでめぐる足利の風景」が、二人の小学生を含んで9名の参加者によって開催されました。
 「Selfy」とは、自撮り(三脚を使ったりカメラを自分に向けたりして自分の姿を写真に収める)のことで、足利の風景の中で、自撮りによる作品をつくるというワークショップです。
 午前中は多目的ホールで、小林さんの作品についての説明や、さまざまな 自撮り写真の紹介がプロジェクターを使って行われ、さらに、各参加者が持ってきたカメラをもとに、自撮りの具体的な方法の説明がなされました。

61002-1


 昼食をはさんでいよいよ撮影の開始です。全員で鑁阿寺に移動し、それぞれのペースで1時間ほどの撮影が行われました。

61002-2

61002-3


 美術館に戻った後は多目的ホールで、それぞれが撮ったデータを小林さんのパソコンに取り込んで、プロジェクターを使っての講評と、1名あたり2点の作品を小林さんが選び、インクジェットプリンターで出力しました。

61002-4

61002-5


さらにこのプリントを並べた上で小林さんが総評を行い、一日がかりのワークショップが終了しました。

61002-6


以下は、ワークショップでつくられた作品の一部です

61002-7

61002-8

61002-9.jpg






  1. 2016/10/08(土) 18:02:45|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。