FC2ブログ

足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

直線から曲線・無機から有機へ

1980年代後半から曲線を多用した作品が多くなります。
DSC08731.jpg
この作品は、1988年に制作した「天と地の創造」で、直線と曲線が融和したものです。
この頃の阿部の作品には「球」が多く登場します。
DSC08739.jpg
同じく1988年に制作した「空間の球たち」(三連作)は、球を使った作品を代表するものです。
1990年代に入ると、親しかった友人、ジョルジョ・ダイエスや粉川克己らへ捧げる作品を多く
手がけます。
その中で、モチーフも単なる球から、交錯した曲線、そして有機的なものを思わせるものへと
変化していきました。
DSC08737.jpg
1991年の作品「自然」では、うごめく有機体の中で魂が昇天していくような、厳かさを感じます。
この有機体の表現が、後の人体を表すかのような表現へとつながっていくのでしょう。(N.O)

6月10日午後2時より 作者によるギャラリートークがあります。ぜひご来場ください。

  1. 2012/06/03(日) 11:46:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<のほほん神楽散歩 | ホーム | 阿部浩さんによる第2回目のギャラリートークが開催されます(観覧無料)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://acmoa.blog.fc2.com/tb.php/13-7456c390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【直線から曲線・無機から有機へ】

1980年代後半から曲線を多用した作品が多くなります。この作品は、1988年に制作した「天と地の創造」で、直線と曲線が融和したものです。この頃の阿部の作品には「球」が多...
  1. 2012/06/07(木) 08:20:43 |
  2. まとめwoネタ速neo