FC2ブログ

足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

タカユキオバナさんによるワークショップが行われました

 10月26日(土)、「スサノヲの到来 –いのち、いかり、いのり」の出品作家・タカユキオバナさんによるワークショップ「「いのり」のしぐさ―ことばをつくるワークショップ」が開催されました。
 まずは多目的ホールで、ワークショップの具体的な方法がタカユキオバナさんから説明されました。

41026-1

このワークショップのために、展示室内を除く美術館内の至る所に、タカユキオバナさんが計48ヶ所のさまざまな場所で撮影した写真をパネルにしたものと、その場所で採取した水を入れた容器が一組で置かれており、48組それぞれに、50音の内48の平仮名の文字が当てはめられています。参加者は、約1時間の制限時間の間に館内を自由にめぐり、自分が好きな写真を任意の数だけ選び、それぞれ手渡された小瓶とスポイトを使って設置された水を少しずつ採取し、当てはめられた文字をメモしていきます。

41026-2

41026-3

41026-4

これらの作業の後、多目的ホールに戻り、メモしてきた文字を並べて一つのことばを新たにつくって小さな紙に清書し、これと水が入った小瓶を、用意された小さなキューピー人形の内部に収め、それぞれ持ち帰ります。

41026-5

41026-6

41026-7

最後に、できたことばを一人ずつ読み上げ、タカユキオバナさんがそれぞれにコメントしてワークショップが終了しました。





  1. 2014/10/27(月) 12:51:58|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<栃木美保さんによるワークショップが開催されました | ホーム | 「スサノヲの到来 –いのち、いかり、いのり」が開幕しました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://acmoa.blog.fc2.com/tb.php/150-573e5fb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)