FC2ブログ

足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

栃木美保さんによるワークショップが開催されました

 11月3日(日)、「スサノヲの到来 –いのち、いかり、いのり」の出品作家・栃木美保さんによる、植物からオリジナルの香りをつくるワークショップ「「まいか」塩香つくり―植物と塩でオリジナルな香りを創りましょう」が、30名近くが参加して開催されました。
 まずはじめに栃木さんから、今回の出品作品の説明や今回のワークショップのねらいについて、さらに植物をもとにした香料のつくり方などについての話があり、その後ワークショップに入りました。

41103-1

ワークショップでは、用意された12種類の植物(ばら、ラベンダー、月桂樹、オレンジ、ひのき、ローズマリー、レモン、桜枯葉、菖蒲、シナモン、丁字、季節の生花:菊)の中から参加者がそれぞれ好きな香りを選び、それを食塩と一緒にガラスの瓶に詰めて、長く保存できる香料をつくります。
 最初に、これらの植物を全員に順番に回して、どの植物を選ぶ決めていきます。

41103-2

41103-3

 植物が全員の間を回った後、それぞれ植物を必要な種類、適量手元に取り分けます。

41103-4

 種類の異なる植物の間に食塩をみっしりと詰めて瓶を満たしていきます。

41103-5

41103-6

 これで完成。それぞれつくった香りに名前を付け、ラベルに書いて瓶に張ります。

41103-8

 参加者一人一人、付けた名前や感想について発表します。

41103-7
 
 最後に、会場を自由に回って他の参加者がつくった香りを体験してワークショップは終了しました。

41103-9






 


  1. 2014/11/04(火) 16:56:16|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鎌田東二さんによる講演会行われました | ホーム | タカユキオバナさんによるワークショップが行われました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://acmoa.blog.fc2.com/tb.php/152-37d70236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)