FC2ブログ

足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

「金のりんご賞」受賞作品を紹介します

 今回の「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」では、日本人作家2人のほか、3名が「金のりんご賞」を受賞しました。順に紹介すると、中国のユ・ロンさんによる『雲みたいな九官鳥』、韓国のノ・インギョンさんによる『ぞうのおじさんと100つぶのしずく』、メキシコのイルマ・バスティダ= エレラさんによる『読書 本への賛美と読書の喜びの称賛』です。以下、ユ・ロンさんによる『雲みたいな九官鳥』をご紹介します。

50415-5

ユ・ロン(中国)『雲みたいな九官鳥』より© Rong Yu
中国の伝統的な切り絵とドローイングを効果的に使って、アジアの空気を濃密に表現しています。ご自身のコメントもどうぞ。

「中国に居たとき、たくさんの鳥を飼っていました。主人公のモデルは、私が最後に飼っていたカバイロハッカ( ムクドリの仲間)で、中国を去る時に南京野鳥公園に寄贈したものです。作品では、伝統的な中国の手透き紙による切り絵と鉛筆を組み合わせています。切り絵はシルクスクリーンで、ドローイング部分は石版です。」

その他のお二人については作品の画像をご覧ください。

50417-1

ノ・インギョン(韓国))『ぞうのおじさんと100つぶのしずく』より©In-kyung Noh


50417-2

イルマ・バスティダ= エレラ(メキシコ)『読書 本への賛美と読書の喜びの称賛』より©IIrma Bastida Herrera


  1. 2015/04/16(木) 20:15:58|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<白鴎大学足利中学校の団体鑑賞が行われました | ホーム | きくちちきさんの作品『しろねこくろねこ』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://acmoa.blog.fc2.com/tb.php/165-9568018f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)