FC2ブログ

足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

「美術館の本棚2015」をご紹介します(その2)

 引き続き、触れるブック・アート作品の展覧会「美術館の本棚2015」の作品をご紹介します
 まずは松永亨子さんの作品「KAMO: STEPPING STONES」。現在京都に在住の松永さんは、もともと版画の作品を制作していましたが、伝統的な製本の技術をマスターした後に、様々なブック・アートの作品を手がけるようになり、国内外で数多くのブック・アート展に出品しています。また、製本をはじめとするワークショップも各地で行っています。

50425-12

50425-13

「KAMO: STEPPING STONES」の箱にしまわれた状態


50425-14

50425-15


男性や女性、カップル、子どもが駆ける姿、絵が描かれた小さな陶片、空の写真がプリントされた一枚のトレーシングに切り込みを入れて蛇腹状にしたものが、一片の陶片の実物と共に箱に収められており、蛇腹の伸ばし方で様々なかたちに展開していくことができます。


 もう一点は仙台在住の青野文昭さんによる特別出品作品 「なおす・代用・合体・連置(震災後亘理町荒浜で収拾した土地目印棒の復元―回向するかたち)2014」です。青野さんは、外に打ち捨てられていた廃棄物をもとにした立体作品を制作することで知られており、前の大震災で津波の被害にあった仙台郊外の荒浜地区でも、制作のための廃棄物採取を長く行っていました。今回の作品は、震災後に荒浜で拾った木の杭をもとに制作が行われました。なお、この作品のみ手に触れることができません。

50425-17

50425-18

木の杭と文庫本の束が合体した青野さんの作品。杭と本のつなぎ目の部分にぜひご注目ください。


  1. 2015/04/23(木) 10:49:37|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「美術館の本棚2015」をご紹介します(その3) | ホーム | 「美術館の本棚2015」をご紹介します(その1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://acmoa.blog.fc2.com/tb.php/173-b4827d95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)