FC2ブログ

足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

「美術館の本棚2015」をご紹介します(その3)

 触れるブック・アート作品の展覧会「美術館の本棚2015」の作品紹介、第3回です。
 まずは、今回地元足利から出品していただいた、フェルトで美術作品などを制作する小沢智恵子さんの《種の記憶》。白、黒、赤のフェルトでできた、思いのほか重々しい手触りがある不定形の布のオブジェが、胎内を創造させるような、小さな入口が開けられた袋状の白く薄いフェルトに収められた作品です。

50502-2

50502-3

小沢智恵子さんの《種の記憶》


 次に紹介するのは横湯久美さんの《雪の法/Snow Dharma》。2点組の作品で、それぞれ、雪が積もる夜の景色に、溶けた雪だるまようなかたちが小さく盛り上げるモノクロ写真を表紙に、開くとキャンバスにアクリル絵具で描かれた絵画と、雪をめぐる物語が左右に配された作品です。

50502-4

50502-5

50502-6

横湯久美さんの《雪の法/Snow Dharma》


 小沢さんも横湯さんも、かつてはイギリスで制作を行った後に帰国して活動されている方で、日本のものとは種類がやや異なる湿り気が感じられような気がしてなりません。

 本日最後にご紹介するのは、群馬で染色の作品を制作している三上愛さんによる2点の作品 《Vintage Fablics/Linen,Lace,Blue》と《Vintage Fablics/Wool,Yarn》。いずれも染料で染めたさまざまな和紙を素材にして、ページの折り込みや糸の刺繍も多用し、美しく装幀された作品で、本と同じ素材のブックケースに、それぞれ素材である和紙と共に本が収められています。

50502-7

50502-8

《Vintage Fablics/Linen,Lace,Blue》


50502-9

50502-10

《Vintage Fablics/Wool,Yarn》



  1. 2015/05/01(金) 20:08:45|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「美術館の本棚2015」をご紹介します(その4) | ホーム | 牡丹靖佳さんによるワークショップの参加者を募集中です>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://acmoa.blog.fc2.com/tb.php/181-81a296b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)