FC2ブログ

足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

特別賞各賞をご紹介します

「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」では、「グランプリ」「金のりんご賞」「金牌」のほか、いくつかの特別賞が授与されます。
 一つは、革新的な表現、斬新な表現に与えられる「イノベーション賞」。このびの展覧会では、版画の作品集といってもよいほどの精細な印刷技術を駆使して、170部のみの限定で出版された、チェコのマルチン・ラウデンスキーによる『無駄話』が受賞しました。

50515-1

マルチン・ラウデンスキー『無駄話』© Martin Raudenský


 次に出版社賞。他の作品は原画を描いた作家が受賞しますが、出版社賞のみは本に与えられる賞で、出版社が表彰されます。今回は、原画の全ページにほどこされたエンボスを、陰影を強調しつつ本とした、コスタリカのウェン・シュウ= チェンの『見えないおはなし』ほか、計3作品が受賞しました。

50515-2

ウェン・シュウ= チェン『見えないおはなし』© Wen Hsu-Chen


 今回で10回目となる「子ども審査員賞」は、スロヴァキアの6名の子どもたちが審査員になって選ばれる賞です(前回日本の今井あやのさんの『くつやのねこ』が受賞しています)。今回は、近未来都市のカタストロフィーを、緻密に描いた巨大なブリキのクマを主役にして描いた韓国のイ・ギフンによる『ブリキのくま』が受賞しました。

50515-4

イ・ギフン『ブリキのくま』© Gi-hun Lee


今回から設定された(ブラティスラヴァ)市長賞には、緻密な表現で知られ、スロヴァキアで不動の人気を誇るペテル・ウフナールさんの『金にまさる塩』が輝きました。

50515-3

ペテル・ウフナール『金にまさる塩』© Peter Uchnár




  1. 2015/05/07(木) 09:16:53|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スロヴァキア共和国駐日大使夫妻が来館されました | ホーム | 「あしかが子ども審査員賞」最後の中間報告です>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://acmoa.blog.fc2.com/tb.php/191-c284b1ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)