FC2ブログ

足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クロアチア、チェコ、ポーランドの作品をご紹介します

 「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」をもとに世界の絵本をめぐる展示室の旅は、伝統的に緻密で繊細な作品がつくられてきた、旧東欧・スラブ民族の国々へ。
 クロアチアのズデンコ・バシクによる『風の物語 妖精や森の生きものの神話と伝説』では、そうした細密な絵の伝統そのままに、きわめて繊細な描写による森の光景がCGも交えながら描かれ、その上から実際の糸で見開きページの真ん中が、実際の糸によって刺繍のように縫われているというユニークな方法で制作が行われています。

50515-17

ズデンコ・バシク『風の物語 妖精や森の生きものの神話と伝説』© Zdenko Bašic

 一方、チェコの人気作家であるルカーシュ・ウルバーネクによる『バボチキ』では、明るい色彩のコミック調の絵で全編が描かれ、新しい世代の力強さを存分に感じさせてくれます。

50515-16

ルカーシュ・ウルバーネク『バボチキ』© Lukáš Urbánek

 今日の最後は、デザインが高度に洗練されている感が強いポーランドの作家の中から、イヴォナ・フミェレフスカによる『女の子の王国』をご紹介します。生成りの白い色彩を基調にし、実際のガーゼのハンカチが画面に貼り付けられたこの作品では、若い女性の繊細な心の内面が、とてもデリケートに描き出されています。

50515-18

イヴォナ・フミェレフスカ『女の子の王国』©Iwona Chmielewska




  1. 2015/05/18(月) 06:12:57|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<白鴎大学足利中学校の団体鑑賞が行われました団体鑑賞が行われました | ホーム | 絵本の読み聞かせが行われました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://acmoa.blog.fc2.com/tb.php/198-fdabb774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。