FC2ブログ

足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

吉増剛造展図録を紹介します

 今回の吉増剛造展では、300ページを超える内容の濃い図録が制作され、ミュージアム・ショップにて販売されています(税込み価格2,200円)
 ここでは、出品作品の画像およびそれぞれの解説に加えて、吉増剛造氏をめぐるさまざまな論考、エッセイが掲載されています。以下、どうぞご参照ください。


「涯テノ詩聲 詩人 吉増剛造展」図録

論考
鶴岡真弓(ケルト芸術文化研究家、多摩美術大学芸術人類学研究所 所長・教授)
「螺旋歌」の「生命循環」―「ケルト渦巻文様」から「イェイツのガイヤー」へ―
今福龍太(文化人類学者・批評家)
罫の訪なひ
江尻潔(足利市立美術館学芸員)
怪物の痛みを痛む者
小林康夫(表象文学論・哲学)
追走・Inochiの地形 ― 剛造さんの「歩行」の原風景をたずねて
稲川方人(詩人)
センゴシの蜃気楼のなかで 吉増剛造小論
川島健二(民俗学)
重ねる旅、下りて行く旅
篠原誠司(足利市立美術館学芸員)
詩人・吉増剛造の旅、声、手
平塚泰三(渋谷区立松濤美術館学芸員)
吉増剛造、凍雲篩雪図に臥遊す
滝口悠生(小説家)
宙空、見る
菊井崇史(本図録編集・詩人)
吉増剛造とフランツ・カフカ「石狩シーツ」から「火ノ刺繍」へ

エッセイ
宮川耕次/矢口哲男/松井輝美/寺本一生/川延安直/原田洋二/平澤広/森田一/奥脇嵩大/森本悟郎/田中教子/工藤正廣

座談会
吉増剛造の軌跡
吉田文憲(詩人)、岸田将幸(詩人)、菊井崇史(本図録編集・詩人)

71106-4

71106-6

71106-5


 展覧会にお越しの際には、ぜひ手に取ってご覧ください。



  1. 2017/11/06(月) 11:49:43|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<足利デザイン・ビューティ専門学校の鑑賞会が行われました | ホーム | 吉増剛造展ギャラリートークが行われました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://acmoa.blog.fc2.com/tb.php/243-8b80a337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。