FC2ブログ

足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『螺旋歌』を紹介します

 『螺旋歌』(河出書房新社、1990年)では、「河の女神の声が静かにひびいて来た/(タラノメメシアガレ)から始まる「春の野の草摘み」、青森・津軽の川倉地蔵尊や恐山を題材にした「河の声から川倉へ」のほか、山陰の隠岐、奄美および宮古、さらにはブラジル・アマゾン河まで、常に水の音に耳を澄まし傍らにその気配を感じ、螺旋を描くように内外の地を旅し、そこで出会った光景、人々、土地に対する思いを記した詩が続いていきます。第6回詩歌文学館賞(1991年)受賞作です。

5-71113-1

『螺旋歌』の展示コーナー


5-71113-2

『螺旋歌』原稿および校正稿


5-71113-2

『螺旋歌』原稿


5-71113-4

『螺旋歌』が書かれた1980年代に内外の各地で撮られたカラー写真


  1. 2017/11/14(火) 07:21:46|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『花火の家の入口で』を紹介します | ホーム | 『オシリス、石ノ神』を紹介します>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://acmoa.blog.fc2.com/tb.php/251-c0a50ea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。