FC2ブログ

足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『花火の家の入口で』を紹介します

 『花火の家の入口で』(青土社、1995年)の表題作「花火の家の入口で」は、吉増剛造が1992年3月から1994年1月までの約2年間、遠く日本を離れ、サンパウロ大学の客員教授としてブラジルに滞在した経験をもとに書かれました。また、「薄いヴェールの丘に」や吉増の代表作の一つでもある長篇詩「石狩シーツ」などの詩は、ブラジルに渡る前年1991年に、北海道・石狩川の河口で行われた舞踏家・大野一雄による公演「石狩・みちゆき・大野一雄」が下地の一つとなっています。帰国後、吉増は石狩河口を訪れ、銅板を打ちながら詩作を行ない、新たな詩の言葉を模索していきました。

6-71113-1

『花火の家の入口で』の展示


6-71113-2

「石狩シーツ」原稿(北海道立文学館蔵)


6-71113-3

1994年、石狩川河口から夕張までを素行する旅の中で、夕張の廃坑入口で吉増剛造が偶然撮影した多重露光写真


6-71113-4

大野一雄による公演「石狩・みちゆき・大野一雄」の記録写真(かりん舎刊『石狩の鼻曲がり』より、上1点:中森敏雄撮影/下2点:中川潤撮影)


6-71113-5

奈良原一高《人間の土地 緑なき島-軍艦島》(東京都写真美術館蔵)



  1. 2017/11/15(水) 05:23:53|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<『「雪の島」あるいは「エミリーの幽霊」を紹介します | ホーム | 『螺旋歌』を紹介します>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/11/18(土) 21:55:56 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://acmoa.blog.fc2.com/tb.php/252-d87e24be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。