FC2ブログ

足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『長篇詩 ごろごろ』を紹介します

 吉増剛造は、1980~90年代にかけて、沖縄、奄美、宮古などを度々訪れ、詩や写真をはじめとする作品の制作を続けました。2004年、3月から4月にかけての2週間ほど、フェリーに車を積んで鹿児島からトカラ列島を島伝いに渡り、途中では奄美および、島尾敏雄・ミホ夫妻が終戦間際に出会った加計呂麻島に立ち寄り、さらに徳之島、沖永良部島を経て沖縄本島にいたる旅を行い、それは「春ノ詩ノ汐ノ穴」と名づけられました。そのなかで、一篇が一千行におよぶ長篇詩「ごろごろ」が書かれ、旅の道中で撮られた写真を添えて『長篇詩 ごろごろ』(毎日新聞社、2004年)が生まれました。

9-71113-1

『ごろごろ』の展示


9-71113-2

『ごろごろ』の展示


9-71113-3

島尾敏雄宛手紙(1945.8.13)/大平(島尾)ミホ宛手紙(1945.8.14)


9-71113-4

島尾ミホ「その夜」(冒頭:命をかけて〜)草稿


9-71113-8

島尾敏雄、島尾ミホ 呑之浦での写真


9-71113-5

東松照明《太陽の鉛筆》


9-71113-7

「島尾敏雄 研究ノート」原稿、「光の棘」原稿 ほか


9-71113-9

奄美・沖縄での多重露光写真


  1. 2017/11/18(土) 06:37:11|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『怪物君』を紹介します | ホーム | 『The Other Voice』を紹介します>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://acmoa.blog.fc2.com/tb.php/255-aa6dff2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。