FC2ブログ

足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

座談会「GOZO の眼、声、手」が行われました

 11月18日(土)、座談会「GOZO の眼、声、手」が足利市立美術館多目的ホールにて開催されました。これは、長年にわたって吉増剛造さんと関わってこられた世田谷美術館館長の酒井忠康さん、学芸員として吉増さんの展覧会を企画されてきた森田一さん、1970年代から吉増さんと親交のある詩人の吉田文憲さんのトークの後、吉増さんも加わるという形式のもので、60名近い参加者を集めて行われました。
 最初は、担当学芸員から、プロジェクターで展覧会の概要の説明がなされた後、それぞれの吉増さんとの関わりをが語られ、吉増さんの詩について、造形作品について、彫刻家・若林奮をはじめとしてさまざまな他者との関わりなどについて、広く、深く、1時間ほどをかけて語られ、いよいよ吉増さんの登壇。3名の話を受けてさらに話が深められた後、パフォーマンスの際のしぐさも交えて吉増さんの話は熱を帯びていきました。吉増さんの指名によって参加者の方からの話もいただいた後、予定時間を過ぎての2時間半近くにわたるトークが幕を下ろしました。

71118-1.jpg

まず3人の登壇者によってトークが始まりました


71118-2.jpg

左から酒井忠康さん、森田一さん


71118-3.jpg

会場の様子


71118-4.jpg

71118-5.jpg

半ばを過ぎたところでいよいよ吉増さんの登壇


71118-6.jpg

吉増剛造さんと、吉田文憲さん(右)


71118-7.jpg

71118-8.jpg

吉増さんの指名で発言する、遠路宮古島から来られた宮川さん


  1. 2017/11/20(月) 07:48:51|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<担当学芸員が筑波大学で吉増剛造展について授業を行いました | ホーム | 『怪物君』を紹介します>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://acmoa.blog.fc2.com/tb.php/257-3bbff77a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。