FC2ブログ

足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

親子のための講座「小枝ペンを作って てのひらを描く」が開催されました

 10月6日(土)、三木素子さんによる親子のための講座「小枝ペンを作って てのひらを描く」が、14組の参加者を集めて開催されました。
 まず、木の小枝をカッターで削って、自作のペンをつくります。初めてカッターで木を削る子どももいて、保護者が危なくないように手を取って削り方を教える姿があちらこちらで見られました。ペンづくりには1時間ほど集中。それぞれ立派なペンが削れ、皆満足した表情でできたペンを眺めていました。さらに蜜蝋ワックスを塗り完成です。このペンの先に墨汁を付けて、いよいよ、自分の手を細かく観察しながら模写をします。それぞれ完成した作品を一堂に張り出し、講師が一人一人に話を伺いながら講評を行いました。

1006-1
まずは説明


1006-2
小枝をひたすら削っていきます


1006-5
それぞれつくった小枝ペンを並べてみました


1006-3

1006-4
いよいよ手を描き始めます


1006-6
作品を貼り出しての講評会
  1. 2012/10/06(土) 18:56:58|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<写真教養講座の第3回が行われました | ホーム | 中島太郎ワークショップ「足利の富士山信仰 —浅間山を歩く—」が開催されました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://acmoa.blog.fc2.com/tb.php/44-0fa3834c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)