FC2ブログ

足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

「真島直子 地ごく楽」が開幕しました

 4月24日(火)、今年度最初の企画展として、「真島直子 地ごく楽」が開幕しました。4月23日(月)には、関係者を招いての内覧会が行われました。
 展示は、特別展示室を含めて4つの展示室を使って行われています。展示の様子を以下ご覧ください。

majima-1

展示室1


majima-2

特別展示室


majima-3

majima-4

majima-5

majima-6

展示室2


majima-7

3階ロビーでの展示


majima-8

majima-9

展示室3

 展覧会は7月1日(日)までの開催です。


  1. 2018/05/05(土) 08:44:14|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉増剛造展が終了しました

 12月24日をもって、2ヶ月にわたって行われた吉増剛造展が終了しました。24日の閉館直後から作品の撤収作業が行われ、さらに25日一日かけて作業が終了。展示室は空の状態に戻りました。
 吉増剛造展は,4/27-6/24に、沖縄・那覇の沖縄県立博物館・美術館にて、8/11-9/24に、東京・渋谷の渋谷区立松濤美術館にて巡回展が行われます。現在は沖縄県立博物館・美術館での開催準備がすすんでいます。ご旅行をかねての観覧を、ぜひご計画ください。
  1. 2017/12/25(月) 11:01:32|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロージング・トーク「札幌の古・水・道(フシコ・ワッカ・ル)」が開催されました

12月24日(日)、吉増剛造展いよいよ最終日となり、札幌でギャラリー、テンポラリースペースを主宰されている中森敏夫さんを招いての、吉増さんとのクロージング・トーク「札幌の古・水・道(フシコ・ワッカ・ル)」が開催されました。中森さんによるテンポラリースペースでは、1980年代より現在まで、吉増剛造展がたび重ねて行われ、その活動の中では、1990年代の代表作「石狩シーツ」が札幌で生まれるなど、中森さんは吉増さんの制作に大きな役割を果たしてきました。
 まずは、今年の8月から10月にかけて行われた「札幌国際芸術祭2017」での吉増剛造展を、展示に携わった映像作家の鈴木余位さんが10分ほどにまとめた映像の映写と、上映中の吉増さんの語りからトークは始まり、上映後には中森さんが加わりトークが進んでいきます。中森さんからは、吉増剛造展の感想として、出品作品である高村光太郎の《手》をもとに、日本の近代における問題や、その中での芸術の在り方へなどの言及
が行われ、「石狩シーツ」、「火ノ刺繍」などについての話を経て、途中には、前日に続き、目隠しをした吉増さんが原稿にインクでドリッピンをするパフォーマンスも行われました。最後は、会場からの声や質疑応答が熱く行われ、2時間近くにわたるトークが締めくくられました。

71224-1

まずは「札幌国際芸術祭2017」での吉増剛造展の記録映像から


71224-2

71224-3

71224-4

吉増さんと中森さん(左側)との熱いトークが続く


71224-5

71224-6

71224-7

23日に続きドリッピングのパフォーマンスが行われる


71224-8

今日も80名近い聴衆が見守る


71224-9

71224-10

質疑応答も23日以上に熱い

  1. 2017/12/24(日) 20:56:19|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

対談「渦巻く世界の彼方へ」が行われました

12月23日(土)、多摩美術大学芸術人類学研究所所長で同校教授の鶴岡真弓さんをゲストに迎えて、吉増剛造さんとの対談「渦巻く世界の彼方へ」が、100名を超える聴衆を集めて開催されました。
 鶴岡さんは、アイルランド・ケルト文化研究の第一人者であると共に、沖縄、東北などでのフィールドワークも行われてきました。アイルランドをはじめとするこれらの地は、吉増さんが旅をし、詩作や作品の制作を行ってきた場所でもあり、こうした共通点をもとにして催された対談でもありました。
 対談は、まず最初に、吉増さんがアイルランドのスライゴーなどで2009年に制作した12分ほどの映像作品(gozoCiné)「イエイツ・ビジョン」の映写から始まりました。アイルランドを代表する詩人で、吉増さんの詩や随筆に度々登場してきたウィリアム・バトラー・イェイツですが、上映中の吉増さんの語りからトークは始まり、映像が終わって会場が明るくなった後には、鶴岡さんも対話に加わり、徐々に、「ケルズの書」をはじめとするケルト世界の核心へと、話は進んでいきます。
 途中には、目隠しをした吉増さんが開催されたばかりのヨーロッパでのパフォーマンスで生まれた新作に、さらにドリッピングを加えてのパフォーマンスも行われ、さらに吉増さんによる現在の活動の中心にある「火ノ刺繍」へも話がおよび、あっという間の90分が過ぎていきました。
 最後には、会場からの声や質疑応答が熱く行われ、2時間以上にわたるトークが締めくくられました。

71223-1

まずはgozoCiné「イエイツ・ビジョン」の映写から


71223-2

71223-3

鶴岡真弓さんとの迫真のトークが続く


71223-4

ヨーロッパでのパフォーマンスで生まれた新作に、さらにドリッピングを加えてのパフォーマンス


71223-5

71223-6

100名を超える聴衆が参加


71223-7

さらに迫真のトークが続く


71223-8

71223-9

質疑応答でも熱いトークが行われた


71223-10

最後まで、次々と湧き上がるように対話が続く



  1. 2017/12/23(土) 20:46:35|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「火ノ刺繍」裏返しの各作品をご紹介します

「火ノ刺繍」裏返しの各作品を、図録に未掲載のものも含め、あらためてご紹介します。

71222-5.jpg

71222-6.jpg

71222-8.jpg

71222-8.jpg

71222-9.jpg

71222-11.jpg

71222-10.jpg

71222-12.jpg



  1. 2017/12/23(土) 09:12:34|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ