足利市立美術館

栃木県の足利市立美術館から、展覧会やイベントの情報などをお知らせします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

吉増剛造・詩作の地を巡る旅(7)

「吉増剛造・詩作の地を巡る旅」の最終回は、吉増さんの南島での詩作にとって重要な土地・漲水御嶽、大神島がある宮古です。

MIYAKO-1

沖縄県・宮古(漲水御嶽)/「(春の漲水御嶽(ハリみずうたき)は」(『「雪の島」あるいは「エミリーの幽霊」』)


MIYAKO-2

沖縄県・宮古(ウリカガー)/「Out-of-the way」(『The Other Voice』)


MIYAKO-3

沖縄県・宮古(大神島)/「歌(あやご)」(『The Other Voice』)




  1. 2017/12/20(水) 07:27:13|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉増剛造・詩作の地を巡る旅(6)

再び「吉増剛造・詩作の地を巡る旅」は続きます。第6回は、まず、島尾敏雄さん・島尾ミホの島である奄美です。

AMAMI-1

鹿児島県・奄美(加計呂麻島)/『ごろごろ』


AMAMI-2

鹿児島県・奄美/「河の声から川倉へ」(『螺旋歌』)

さらに沖縄へ。

AMAMI-4

沖縄県・首里(金城町)/「夏のほこりが周囲一面(しずかに)舞い立っていた」(『螺旋歌』)


AMAMI-5

沖縄県・那覇(国道58 号線)/『ごろごろ』


AMAMI-6

沖縄県・嘉手納/「嘉手納」(『The Other Voice』)


AMAMI-7

沖縄県・コザ/『ごろごろ』



  1. 2017/12/19(火) 00:03:51|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

対話型観賞の会「作品の声を聴こう」が行われました

 12月17日(日)、対話型観賞の会「作品の声を聴こう」が開催されました。対話型鑑賞とは、一点の作品を、美術の知識にたよらず自由に観て、その感想をみんなで話し合いながら作品の理解を深める鑑賞方です。展示室で出品作品をもとに、ファシリテーター(司会役)が参加者に質問しながら対話を進めていきます。
 この日参加したのは4名の方たちでした。まず最初は展示室2にて、吉増剛造さんによる大伸ばしの多重露光写真の一点。

71219-01

この一点を20分ほどかけて鑑賞しました。さらに展示室3に移動し、吉増剛造さんの最新作品「火ノ刺繍」へ。この作品も20分ほどをかけて鑑賞。


71219-02

71219-03


最後に、展示室2に戻り、「怪物君」の原稿に挑戦。

71219-04

3点を1時間ちょっとけけての、トークをしながらの鑑賞が行われました。





  1. 2017/12/18(月) 23:24:15|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉増剛造・詩作の地を巡る旅(5)

「吉増剛造・詩作の地を巡る旅」の第5回。関西への旅は続き、和歌山へ。

WAKAYAMA-1

和歌山県・新宮(浮島)/ gozoCiné「熊野、梛の葉、.....」


WAKAYAMA-2

和歌山県・田辺(神島)/ gozoCiné「熊野、梛の葉、.....」



WAKAYAMA-3

和歌山県・那智(那智の滝)/中上健次関連

さらに高地へ。

WAKAYAMA-4

高知県・竹林寺/「月は繊維でできている」(『The Other Voice』)


  1. 2017/12/17(日) 23:13:07|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉増剛造・詩作の地を巡る旅(4)

「吉増剛造・詩作の地を巡る旅」の第4回。まずは、与謝蕪村、折口信夫と深い関わりのある大阪へ。

OSAKA-1

大阪府・毛馬/与謝蕪村生地


OSAKA-2

大阪府・新世界/『生涯は夢の中径』(折口信夫関連)

さらに、「オシリス、石ノ神:」の舞台である奈良・二上山へ。

OSAKA-4

OSAKA-5

OSAKA-6

奈良県・二上山/「オシリス、石ノ神」(『オシリス、石ノ神』)




  1. 2017/12/16(土) 23:07:21|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。